生え際に効く育毛剤、発毛剤

抜け毛、薄毛の原因

抜け毛、薄毛の原因は複雑に絡み合っているようです。

なんとなく、男性ホルモンが多いと禿げる、とか、ストレスが溜まっていると髪の毛が抜けやすいとか、頭皮の状態が悪くさらに髪の毛に栄養がいきわたっていないからだ、皮脂が原因、など想像はつくと思います。

代々禿げているから、ということもあるかもしれません。

しかし、実際のところ、抜け毛や薄毛の原因となるものは、人それぞれだということです。

また、抜け毛、薄毛対策をしたとしても、人には効果のあることが自分には逆効果、ということもありえるのです。

もし何かの抜け毛対策をしたとして、悪い影響が見え始めたらストップすることも大切です。

ちなみに、抜け毛や薄毛のことをいうとき、M字型ハゲなどということがありますが、そういったタイプというのは存在せず、男性型脱毛症、というくくりになります。

育毛サロンを利用することもひとつの選択肢、自宅でヘアケアすることも良いと思います。

結局、どこまでお金をかけられるか、ということも薄毛対策、抜け毛対策の基準となると思います。

生え際に効く育毛剤、発毛剤

育毛剤にも様々なタイプがあります。

(育毛剤と発毛剤の区別も必要です)

毛根の細胞分裂を活発にして発毛を促すタイプ、そして頭皮の血管を拡張、毛根に栄養をしっかりと行き渡らせるタイプのものなどです。

その中で、発毛剤として生え際に効果があるといわれるものの中で、オススメはリアップではないかと思います。

リアップには、ミノキシジルという育毛剤が成分が含まれています。

ミノキシジルは本来は経口降圧剤として開発されたもの。しかし、患者の中に毛が生えるという副作用が見つかった経緯があり、育毛剤として利用がされています。

女性用にはリアップレディも発売されていますね。

ただし、稀にリアップを利用することで頭皮のかゆみなどの症状が出ることもあるかもしれません。

なんらかの反応が出た場合には、無理に使い続けずに、使用を中止することも必要だと思います。

また、育毛剤を使用するにしても、毛穴が詰まった状態で使用しても浸透しないのですね。

ですから、頭皮をマッサージしながらシャンプーをする、もしくはシャンプーをする際に頭皮ブラシでしっかりと毛穴の皮脂をかきだすなどをすると、育毛剤の本来の効果を得られると思います。

特に皮脂は抜け毛の原因となることありますから、しっかりと頭皮ケアをすることも大切です。

髪が細くなる理由

髪が細くなっていく理由には、様々なものがあります。

中でも、男性にとっては髪が細くなる理由として、よくあげられる理由としてパーマや髪の脱色、カラーリングなどがあります。

パーマをかけるなどすると、髪に栄養がいきわたらなくなります。

基本的には、パーマは髪を傷めるものです。どれだけパーマのときにケアをしても、髪の毛を痛めていることになります。

若いうちだけだから!とパーマを楽しむのも良いですが・・・。

 

また、パーマのほかに髪の毛が細くなった、抜け毛が増えた、などの髪の悩みの原因として、栄養不足があるということです。

栄養をしっかり摂ること、バランスの良い食事をするということは、頭皮や髪の毛、そして体全体の健康に取って大切なことなんですね。

最近、髪の毛が急に細くなってきた気がする・・・。切れ毛や抜け毛が増えてきた・・・といった場合には、まずは食生活が乱れていないかどうかをチェックされてみてはいかがでしょうか。

たんぱく質は髪の毛の材料になるといわれますし、ビタミンEは血管を拡張する働きがあります。

こういった栄養をバランスよく取ることで、髪の毛にも栄養が行き届くことになり、健康な髪の毛になる、ということになります。